日本ポリエチレン株式会社
Home 会社情報 技術・製品紹介 環境安全 会社研究 投稿文献 ニュース 質問・お問い合わせ
樹脂解説  


一般的名称 ポリエチレン
略記号 PE
英語名 polyethylene
化学式 ポリエチレン化学式
結晶/非晶性 結晶性(Tm:低密度PE:108〜122℃、高密度PE:127〜134℃)
供給形状 ペレット;乳白色、半透明(自然色)


概要
エチレンを重合して得られる結晶性の熱可塑性樹脂。圧力、触媒などの重合条件により高密度ポリエチレン(HDPE)、高圧法低密度ポリエチレン(LDPE) 、直鎖状低密度ポリエチレン(L-LDPE)など性能の異なるポリエチレンが得られる。また、最近ではメタロセン触媒を使用したポリエチレンも上市され、そのすぐれた物性が注目されている。


特徴
1. 密度、分子量、分子量分布、分岐構造(種類、分岐度分布など)によって成形性や製品物性に特徴が現れる。用途に対応する各種グレードが上市されている。
2. 剛性は密度とともに高くなる。L-LDPEではブテン、ヘキサンなどをコモノマーとして共重合させることによって密度を制御しているが、コモノマー種によって分岐の種類が変化し、強度特性が異なる。メタロセン触媒を用いたグレードではその分岐度分布が均一となり、強度や表面特性の良い成形品が得られる。LDPEの結晶化度は重合中の連鎖移動反応で側鎖が生成することにより決定されるが、同時に長鎖分岐が生成し、この効果でLDPEの溶融張力は大きく、押出特性も良好である。
3. 外観は結晶化度と対応する。HDPE製品では結晶サイズも大きく、半透明であるが、より結晶化度の低いLDPE、L-LDPEの透明性は高くなる。
4. 耐衝撃性(耐寒性)は非常に優れている。これはポリエチレンの転移点(Tg = -120℃)と極めて低いためである。
5. 接着・印刷には表面張力が低いため、コロナ放電処理や火炎処理等で表面改質を行う必要がある。
6. 耐水性、耐薬品性がすぐれている。ただし、密度が高いほど界面活性剤によりストレスクラックを起こし易い。
7. 電気的性質にすぐれている。特に誘電損失が小さく、電気絶縁性が良好である。
8. 吸水率が非常に少ない。
9. 酸素、炭酸ガス、窒素などのガスは透過しやすいが、透湿性は低く、防湿フィルムとして優れる。


主な用途
1. 押出成形用途:
各種フィルム(食品、薬品、雑貨、機械工具などの包装用、シーラントフィルム、農業用フィルム)、パイプ、モノフィラメント(ロープ、魚網、防虫網)、押出ラミネート、繊維
2. 射出成形用途:
各種容器、食器、台所用品、玩具、雑貨、ベビーバス、たらい、ごみ入れなどの大型容器、クレート(HDPE)など
3. 中空成形用途:
食料品や化粧品、化学薬品などのボトル、小型〜大型ドラム缶、石油缶、自動車燃料タンク


市場動向
日本におけるLDPE、HDPEの2004年の生産量は、184万トン、117万トンと前年比若干減であった。両者ともフィルムがトップシェアであり、LDPEではこれに加工紙などが、HDPEでは、中空成形、射出成形が続いている。最近のトピックスは自動車の燃料タンクが軽量性、防錆性、デザインの自由度などの理由で鋼鉄に代わって高密度ポリエチレン主体のブロー成形品の採用が増加していることである。EVOHの項に述べたように蒸散規制の問題で、HDPEとEVOH、PAとの多層ブロー製品が採用されている。



Copyright(c) Japan Polypropylene Corporation