日本ポリプロ株式会社
Home 会社情報 製品紹介 環境安全 会社研究 投稿文献 ニュース お問い合わせ
製品紹介

ファンクスター<FUNCSTER> 長繊維強化樹脂


ファンクスターとは
ファンクスター弊社が独自の技術により開発した、高性能ガラス長繊維強化熱可塑性樹脂です。

ファンクスターは、数千本のフィラメントからなるガラス繊維のロービングを含浸ダイスに導き、フィラメントの間に溶融した熱可塑性樹脂を均一に含浸させた後、必要な長さ(通常は5〜20mm)に切断してペレット化して製造します。

従来の短繊維強化樹脂の場合には、ガラス繊維のチョップと熱硬化性樹脂とを押出機の内で溶融混練する方法で製造しますので、ガラス繊維は0.5mm程度にまで粉砕されてしまいますが、ファンクスターの場合には、ペレット長と同じ長さのガラス繊維長が得られます。従って、例えばペレット長が10mmの場合には、短繊維強化樹脂の20倍の繊維長を持つ強化樹脂が得られることになります。


物性表
PDF


ファンクスターの特長
ファンクスターの成形品では、ガラス繊維が長い状態で絡み合って存在しています。
このことからファンクスターは以下の特長を発揮します。
エネルギーが吸収され、耐衝撃性は飛躍的に向上します。
剛性に優れています。
残存繊維が長いので補強効果も一段と大きくなり、引張強度や曲げ強度などの機械的強度に優れています。クリープ特性や振動疲労特性などの耐久性にも優れています。
剛性の温度依存性や加熱変形量、線膨張係数等の高温特性に優れています。
低収縮率で異方性も小さく、短繊維強化樹脂に較べ反りヒネリの少ない成形品が得られます。
肉厚の成形品やリブ付き成形品では、ヒケの少ない成形品が得られます。
通常の肉厚の成形品では、ガラス繊維が表面に浮き出す事が少なく、外観は良好です。
溶融流動性は極めて良好で、成形性に優れています。

ファンクスター蒸し焼きサンプル 蒸し焼きサンプル
ファンクスターの成形品を600℃で蒸し焼きにしたもの

 JIS熱変形温度試片 6.4×12.7×127mm


ファンクスターの用途例
フロントエンドモジュールボルスター
フロントエンドモジュールボルスター
デッキボード(射出発泡成形品)
デッキボード(射出発泡成形品)
ドアモジュールプレート
ドアモジュールプレート
モーターサイクルラゲージボックス(射出発泡成形品)
モーターサイクルラゲージボックス(射出発泡成形品)
シフトレバー
シフトレバー
トラック用サイドステップ
トラック用サイドステップ




Copyright(c) Japan Polypropylene Corporation